毛穴に効く洗顔料やケアの方法!

毛穴に効く洗顔料やケアの方法!

毛穴ケアはとても洗顔が大切です。

 

だからといってゴシゴシと強く洗ったり、一日に何度も洗顔をするのは肌への負担になるようです。

 

しっかりと石鹸を泡立てて、できるだけ優しく、指先や手の平を使って滑らすように!
朝は外からの菌や汚れを受けていない状態なので、お湯だけでも大丈夫なくらいです。

 

 

夜はクレンジング+洗顔でしっかり落とすようにします。
まずはべたつくTゾーンから洗っていきます。

 

 

泡が顔全体につくと、洗い終わった感を受けるので、
最初に顔の中心からきれいにしていくのがおススメです。

 

ポイントは何といっても、力を入れない事!!
最初はこれで本当に綺麗になっているの?と思うくらいに洗った感がないかもしれません。
それで十分なんです。
その感触に慣れてくると、ソフトな洗い心地が心地よくなります。
根気よく続けてみて見てくださいね!

 

 

 



 

ビーグレン、マイナスイオンの泥洗顔です。
マイナスイオンで汚れを引き付けて毛穴をきれいにします!

 

マイナスイオンを帯びている超微粒子の泥で洗うことにより、こすることなく、掃除機のように汚れを引き付けます。

 

古い角質やメイク汚れ、皮脂をみるみる吸着し、
すすぎ洗いで毛穴の外に流れ落とすので肌にやさしく毛穴の黒ずみを取り除いてくれます。

 

泥の主成分「モンモリロナイト」は、毛穴の直径の約2,000分の1の大きさ。そのため、
するすると毛穴の中に入り込み、汚れを取り除けるのです。

 

サンプルを購入すると洗顔も含まれているので試してみるといいですよ!
送料無料で365日返金保障もあって安心です。

 

毛穴ケア サイエンスコスメ

 

 

 

 

 

どろあわわ

 

沖縄の海の底でしか取れない奇跡の泥、マリンシルトをたっぷり配合した泥洗顔!!

 

超弾力泡が毛穴の奥に入り込み物凄い吸着力でみるみる汚れを除去し肌に透明感を取り戻す洗顔料です。

 

豆乳発酵液で保湿力が高く肌がしっとりします。
大豆イソフラボンを含む豆乳を乳酸菌で発酵させることで分子を細かくし、肌への浸透が高まっています。

 

コラーゲン、黒砂糖エキス、ヒアルロン酸という贅沢な成分で肌がモチモチになりますよ!

 

その他2種類の泥パワーで汚れを落とし、肌を引き締めてくれます。
濃厚で弾力のある泡なので、肌を優しく洗うことができます。

 

どろ豆乳石鹸

 

 

 

 

 

 



 

リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジングは、1000名のアンケートによる
「こんなクレンジングが欲しかった」をカタチにした、こんにゃくスクラブ配合の美容液クレンジングです。

 

★美容液成分99.3%で驚きのクレンジング力
よく落ちるのにつっぱらない!

 

★こんにゃくスクラブで毛穴スッキリ
プニプニの柔らかいスクラブで毎日穏やかに毛穴ケア。

 

★7つの無添加&弱酸性
バリア機能を守りやさしく洗いあげます。

 

★W洗顔不要&濡れた手でもOK
保湿成分とこんにゃくスクラブがメイクも毛穴汚れも落とすからW洗顔は不要。
まつげエクステにも使用していただけます。

 

★こんにゃくスクラブ×ジェルで優しくマッサージ。
血行を促進しくすみゼロの透明感!次のスキンケアの浸透力UP!朝の洗顔にも。

 

★天然精油でリラックス&リフレッシュ。

 

<初回購入特典>
★1個買うともう1個プレゼント!たっぷり4か月分です。
★全額返金保証
★送料無料

 

モイストゲルクレンジング

 

ホットタオルで毛穴ケア

毛穴の詰まりケア方法として、クレンジングや洗顔の大切さが注目されています。

 

毛穴が詰まった状態、いわゆる「角栓」は、お肌に残った角質と毛穴から分泌される皮脂が混じったものです。
毛穴が詰まると大人ニキビなどができる原因になるため、早い段階できちんとケアをする必要があります。

 

 

そのためには、肌の汚れを落としやすくするために毛穴を開く役目を持つ、ホットタオル(蒸しタオル)がおすすめです!
ホットタオルをすることで、皮下組織の血流がよくなるため、お肌の代謝アップにもつながるなど、いろいろなメリットもあります。

 

ホットタオルには、クレンジング後に行う基本的な方法をはじめ、ホットタオルを使ったクレンジング方法、ホットタオルで保湿する方法などもあります。

 

顔に行うホットタオルには、毛穴を開く働きがありますが、目や肩、首などいろいろな部位を対象に行う方法もあります。
たとえば、目に当てると目の筋肉をほぐしてリフレッシュすることができます。
肩に当てることで肩こりの改善に役立ちます。

 

なお、対象となる部位によって、使うタオルの大きさも異なりますので、それぞれの部位に合った大きさのタオルの用意をおすすめします。
清潔なものを準備することも大切だといえます。

 

ホットタオルは電子レンジで温めてつくりますが、タオルが熱くなりすぎないように固めに絞ることがポイントです。
顔に当てるときは熱すぎないか確かめるほか、タオルが冷える前に取り除くように注意しましょう。